神経 図太⑦

携帯を見ようと決めたその日の晩。
深夜真夜中0時過ぎ

就寝した図太、確認よし!
異常なーーーっし!!
と、心の中で点呼したところで、

携帯携帯….と携帯を探すが、、、、

ない!!
携帯がない!!
あいつめ…私が、着信画面見たことに
気づいて勘が働いたのか、
いつも充電してる携帯がいつものところに
ねぇじゃねーかಠಠ

図太い神経と、勘の鋭さだけは
ずば抜けてやがるぜ…
手強い相手に奮闘心が燃え上がる桜子。

「絶対携帯を見つけてやる!!」
そう心で決意表明したところで
図太のカバンの中を漁るアラサー女
側からみると、末恐ろしい光景だ。
しかし、カバンの中にも、、ない!

んー…..

考えた末に、そして私は閃いた!!
そうだ!電話かけてみよう!←

おかしな話ですが、
もうこの際強行突破や!
兎に角携帯を見つけるのだ!と考えた当時の私

携帯見ることよりも
見つけることに執着しはじめた結果ですね。

寝ている図太は果たして
携帯を鳴らして起きるのか…
※話の趣旨がズレてきてますがお付き合い下さい。




Advertisement